ギターの基本テクニック、「スライド」について。

スライドとは、弦を押さえたままフレットを移動することです。

それでは、実際に動画で確認して下さい。

動画

スライドをするときに、注意する点は

1、 指の形を崩さない。
2、 手首をあまり動かさない。
3、 一定の力加減をキープする。

です。

 指の形を崩さない

スライドをする前とした後で
指の形が、変わってしまってる人を、たまに見かけます。

指の形が変わってしまうと
音程が安定しないのと、フィンガリングが不安定に
なってしまいます。

スライドをする前とした後で、指の形が
全く変わってないのが理想です。

例外で、早いフレーズなどを弾くときは
親指を移動させずに、指だけで
スライドをした方が、良い場合があります。

そのときは、多少、指の形が変わってしまうのは
仕方ないです。

手首をあまり動かさない

2番の、「手首をあまり動かさない」は
1番の「指の形をくずさない」と、関係してきます。

スライドをするときに、手首を横にひねってしまうと
指の形がくずれてしまい、フィンガリングが不安定になってしまいます。

なるべく手首は動かさないように気を付けて滑らせて下さい。

一定の力加減をキープする

スライドの途中で、指の力を抜くと
音が途切れてしまいます。

逆に力を入れすぎると、スムーズにスライドが
出来なかったりするので、スライド中はなるべく
一定の力加減を、保つようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る