ハンマリング・オンとは
(略してハンマリングと呼ばれる事が多い)
最初の音をピッキングして
その後同じ弦の音を出す時に、ピッキングせずに
指で弦を叩いて音を出すテクニックです。

と、言葉で説明するとなんだか難しい感じがしますが
実際慣れてしまえば、そんなに難しいテクニックではありません。

それでは、動画を見て下さい。

ハンマリングをする時のポイントは


1.弦を押さえる強さより、叩くスピードを意識する

2.きちんと指先で押さえる

3.指先はなるべく立たせる

です。

叩くスピードを意識する

ハンマリングで音がしっかりと出ない人は
弦を押さえる強さばかりに気を取られ
叩くスピードが遅くなってしまっている場合があります。

叩くスピードを速くするように意識して
指の第一関節を曲げて、きちんと指先で
弦を押さえるようにしましょう。

力を入れすぎない

最初はしっかりと音を出そうとして
無駄に力が入ってしまうかもしれません。

ですが、上記の点に気をつけて練習をすれば
それほど力を入れすぎなくても音は出るようになります。

力を入れすぎると、音程が高くなってしまったり
スムーズに弾けなくなってしまいます。

ハンマリングするときは、必要以上に
力を入れすぎないようにしましょう。

また、力を入れるのは弦を押さえるまでで
押さえた後は力を加えなくても大丈夫です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る