c

Cメジャーコードの押さえ方です。

Cコードは「C」「E」「G」の3つの音で成り立っています。
(ド、ミ、ソです。)

それでは、下のコード表と写真と音で確認して下さい。

コード表
chyo

写真
c


押さえ方は、

  • 5弦3フレット(C音)→ 薬指で押さえる。
  • 4弦2フレット(E音)→ 中指で押さえる。
  • 3弦(G音)→ 押さえない。(開放弦を鳴らす)
  • 2弦1フレット(C音)→ 人差し指で押さえる。
  • 1弦(E音)→ 押さえない。(開放弦を鳴らす)

このコードを押さえる時に注意する点は

1. 左手(コードを押さえてる手)の指は
 しっかり立てて押さえる。

2. 6弦が鳴らないように左手(コードを押さえてる手)
  の親指で6弦に軽く触れてミュートする。

です。

左手の指はしっかりと立てる

左手の指はしっかり立てて押さえないと
隣の弦に触れてしまい、音が鳴らなくなってしまいます。

特に、4弦を押さえている中指と
2弦を押さえている人差し指は
しっかり立てて押さえないと
3弦と1弦の開放弦がきちんと鳴らないので注意しましょう。

6弦は親指を使ってミュートする

6弦は、左手の親指を使って音が鳴らないようにします。
音が鳴らないようにすることを「ミュート」と言います。

6弦のミュートは、親指を使ってやる以外に
5弦を押さえている薬指の先のほうを6弦に触れて
音が鳴らないようにするというやり方もあります。
(上の写真でもやってます。)

手の大きさなどの理由で、左手を使ったミュートがまったく出来ない場合は
6弦は鳴らしてしまっても大丈夫です。

また、親指でミュートをすることで、他の弦の音が鳴らなくなってしまう場合も
ミュートはしなくても大丈夫です。
最初は、6弦を鳴らさなくすることに気を使うよりも
1〜5弦がしっかりと鳴らせるようにがんばりましょう。
コードを押さえるのに慣れてきた頃に、またトライしてみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る