dm

Dマイナーコード(Dm)の押さえ方です。

Dマイナーコードは「D」「F」「A」 の3つの音で成り立っています。
(レ、ファ、ラです。)

それでは、コード表と写真を確認して下さい。
コード表
dmhyo
写真
dm

押さえ方は

  • 4弦 (D音)       →   押さえない(開放弦を鳴らす)
  • 3弦2フレット (A音)  →   中指で押さえる
  • 2弦3フレット (D音)  →   薬指で押さえる
  • 1弦1フレット (F音)  →   人差し指で押さえる

です。

このコードを押さえるときに注意する点は

 1、6弦と5弦が鳴ってしまわないように、左手(コードを押さえてる手)の
   親指で軽く触れてミュートする。

 2、薬指はしっかりと立てて、隣の弦に触れないようにする。

です。

6弦と5弦は親指でミュートする。

基本的に、6弦と5弦は鳴らしませんが
手の大きさなどで親指を使ったミュートが難しい人もいるかと思います。
そんな場合は

  • 5弦のミュートが難しい場合は、鳴らしてしまっても問題ありません。
  • 6弦のミュートが難しい場合は、ピッキングしないようにしましょう。

5弦の音(Aの音)はDmのコードに含まれる音ですので
鳴らしてしまっても大丈夫です。

6弦の音はコードに含まれない音ですので
鳴らさないようにしましょう。

薬指はしっかりと立てましょう.

2弦を押さえている薬指はしっかりと立てて押さえないと1弦の音が
鳴らなくなってしまうので注意しましょう。

1弦の音が鳴らない場合は、

  • 2弦を押さえている薬指が当たっていないか?
  • 人差し指にしっかりと力が入っているか?

の2点を確認してみて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る