最初に必要な物(エレキギター編)

guitar_3

ギターを始めるときに必要なものって
どんな物があるのかな?

なんて疑問に思っている方のために
エレキギターを始めるときに
必要な物を紹介します。

必要な物(あった方が良い物も含む)

  1. エレキギター
  2. チューナー
  3. ピック
  4. アンプ
  5. シールド
  6. メトロノーム
  7. ギタースタンド

1. エレキギター

eg_1

これは、なんの説明の必要はありませんね(笑)

2. チューナー

tuner3

 

チューナーはギターの各弦の音程を
合わせる時に使います。

※チューニングについての詳しいことは
チューニングの記事を参考に して下さい。

チューニングは日常的に行うので、チューナーは
出来るだけ早く用意しましょう。

お金に余裕があれば、ギターを買う時に
一緒に買ってしまうのがおすすめです。

スマートフォンのアプリなどで無料の物も
ありますので、最初はそういった物でも良いでしょう。

 

3. ピック

pick_1
ピックは、ギターを弾くときに
右手に持って(右利きの場合です)弦をはじく
ために使います。

右手の指を使って弾く場合(フィンガーピッキングと言います。)
は使いませんが、エレキギターを弾くときは
ほとんどの人が、ピックを使って弾きますので
これも、ギターを買うときに一緒に買いましょう。

普通の物なら、たいていは100円くらいで買えます。

楽器屋さんによっては、ギターを買ったら
オマケで付けてくれる場合もあります。

4. アンプ

vox-path10
アンプは、エレキギターの音を出すために使います。

エレキギターはアンプから音を出すことを前提に
作られている楽器ですので、アコースティックギターとは違い
生の音が小さいです。

そのため、アンプを使って音を大きくして弾きます。

最初は、練習用の小さいアンプで良いと思います。

家で大きな音を出せない場合は、ヘッドホン端子が付いている
タイプの物を選ぶと良いでしょう。

5. シールド

belden_1
シールドは、エレキギターとアンプをつなぐために使用します。

アンプを買っても、シールドがないと音が
出せないので、アンプを買うときに
一緒に買いましょう。

ギターを買ったときに、オマケで付いて
いたりもすることもあります。

6. メトロノーム

metro_1
メトロノームは、練習をするときに
一定のテンポをキープするのに使います。

リズムは大切ですので
リズム感を鍛えるためにも
なるべく早くに用意しましょう。

無料アプリなどもありますので
最初はそういった物を活用するのも良いでしょう。

メトロノームの使い方は
メトロノームの記事を参考にして下さい。

 

7、 ギタースタンド

ギタースタンドは、ギターを立てかけておくために使用します。

壁などに直接立てかけておくと、倒れたりする危険性もありますので
ケースに入れてないときは、スタンドに立てかけておくと良いです。

常にケースに仕舞っっておくと、弾くまでに時間がかかってしまいます。
弾きたいと思った時にすぐに手に取れるように
ギターはスタンドに立てかけておく事をオススメします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る