polytuneclip

チューナーは、ギターの音の高さを合わせる時に
使う機械です。

ギターからシールドでつないで音を入力して
合わせるタイプや、ヘッド(ギターを立てかけた時
一番上の部分)のあたりに付けて振動を拾って合わせるタイプ
(クリップ式)や小さなマイクが付いていて
そこで音を拾ってあわせるタイプなどがあります。

クリップ式がおすすめ

その中から、初心者の方にオススメなのは
クリップ式のチューナーです。

このタイプはヘッドに付けておけば
いつでもチューニングをする事が出来ます。

ギターをスタンドなどに立てかけておいて
常に付けておけば弾き始めるときに
手軽にチューニングを行えます。

チューニングは日常的に行いますので
この手軽さが結構重要です。

ギターからシールドでつなぐタイプは
一番安心感はありますが
家でアンプにつながずに弾く場合などは
いつも弾き始めるたびに
シールドでつながなくてはならず
少し手間がかかります。

そのため
「昨日合わせたから今日はいいか!?」
などとついチューニングをしないで
音の合っていないギターで
練習をしてしまったり、といった事に
なりかねません。

次にマイクで音を拾うタイプですが
このタイプは周りの音も拾ってしまうので
合わせ難いことがあります。

特にアンプにつながないと音の小さい
エレキギターにはあまり向いていません。

とはいえこのタイプは
最近ではスマートフォン用のアプリなどもあり
無料で手に入るので
まだチューナーを持っていないので
買うまでとりあえずアプリで
といった方には良いでしょう。

ギター用チューナーとクロマチックチューナー

チューナーはディスプレイに
音名が表示されるタイプが多いですが、
ギター用チューナーという名前で
売っている物でギターの弦の数字で
表示されるものがあります。

このタイプは、どの弦をどの音に
あわせれば良いか覚えていない
初心者の方には良いですが
合わせたい音と今鳴っている音が
離れている場合など、
(5弦をAに合わせたいのに
今鳴っている音がBとかCとかの場合)
ディスプレイに何も表示されない
ことがあります。

そのため、音を上げれば良いのか
下げれば良いのか分からなくて
お手上げ状態になってしまう
初心者の方もいます。

一方、クロマチックチューナーというのは
半音ごとに音を合わせることが出来て
常に今鳴っている音名が表示されます。

ですので、音を上げれば良いか下げれば良いか
分からなくなってしまう可能性は低くなります。
(1オクターブ以上離れていて迷ってしまう可能性はあります。)

市販のチューナーは
クロマチックチューナーだけではなく
ギター用だけの物、ギター用とベース用が選べる物
ギター用、ベース用、クロマチックとそれぞれの
タイプが選べる物などがあります。

以上から、おすすめは
ギター用とクロマチックの両方を
選べてどちらでも合わせられるタイプです。

どちらかのみの場合は、クロマチックチューナーを
おすすめします。

まとめ

最初のチューナーを選ぶ時は
クリップ式チューナーで
ギター用とクロマチックが
選べるタイプがおすすめです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る