エレキギターの種類

エレキギターの種類には大きく分けて

1、ソリッドギター
2、セミアコースティックギター(セミアコ)
3、フルアコースティックギター(フルアコ)

の3種類があります。

ソリッドギター

この中で一番ポピュラーなのが
ソリッドギターというタイプのものです。

たぶん、大多数の方が、エレキギターといって
一番最初に思い浮かべるタイプが
このソリッドギターではないでしょうか。

ソリッドギターの代表的な機種には

ストラトキャスター
テレキャスター
レスポール
SG
フライングV
ジャガー
ジャズマスター
ムスタング

などがあります。

ソリッドギターは、ロック、ポップス、ジャズなど
ジャンルを問わず様々な音楽で使われています。

セミアコースティックギター

セミアコースティックギター(以下 セミアコ)で一番有名
なモデルは、やはりギブソンES-335じゃないでしょうか。

セミアコタイプのギターの特徴は
ボディの真ん中に、センターブロックという木材が
入っていることです。

このセンターブロックという木材に
ピックアップが固定されています。

セミアコはロックからブルース、ジャズまで様々なタイプの
ギタリストが使っています。

ソリッドギターとくらべると
「キーン」というハウリングというノイズが出やすくなるので
音を歪ませたり、大音量でプレイするタイプの人などは
注意が必要です。

フルアコースティックギター

フルアコースティックギター(以下 フルアコ)
の特徴は、ボディの中が空洞になっていることです。

このため、セミアコ同様に音を歪ませたり、大きくしずぎたりすると
ノイズが起こりやすくなります。

生の音は大きいので、家でまったりと弾く時などは
アンプを通さなくても十分でしょう。

フルアコは、歪んだ音よりもクリーンな音の
ほうが得意なので、ロック系よりもジャズ系
の人のほうが良く使っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る