Fマイナーの押さえ方

Fマイナーコード(Fm)の押さえ方です。

Fマイナーコードは「F」「A♭」「C」の3つの音で成り立っています。
(ファ、ラ♭、ドの音です。)

※『♭』の記号はフラットと読みます。
 フラットとは、半音下がるという意味です。
 ギターのフレットでいうと1フレット下がる(ネックのヘッド側
 に1フレット移動する)と言う事です。

コード表と写真

それでは、コード表と写真と音で確認して下さい。

押さえ方は

  • 6弦1フレット(F音)   →   人差し指で押さえます。
  • 5弦3フレット(C音)   →   薬指で押さえます。
  • 4弦3フレット(F音)   →   小指で押さえます。
  • 3弦1フレット(A♭音) →  人差し指で押さえます。
  • 2弦1フレット(C音)   →   人差し指で押さえます。
  • 1弦1フレット(F音)   →   人差し指で押さえます。

です。

Fマイナーを押さえる時の注意点

このコードを押さえるときに注意する点は

1. 人差し指で複数の弦を押さえるのでしっかりと音が鳴るようにする。
2. 3弦の音が鳴らない場合は、人差し指を上下にずらして音が鳴るポイントを探す。

です。

人差し指の音が鳴らない時は?

Fコードと同様に、このコードも人差し指で複数の弦を押さえます。
Fコードと違い、3弦の音も人差し指で押さえますので、より難しく感じる人も多いでしょう。

人差し指で複数の弦を鳴らす時のコツは、人差し指の親指側の側面で押さえるようにすることです。
人差し指の側面の方向に、グッと力を加えてみて下さい。

3弦の音が鳴らない場合は、人差し指を少し上や下にずらしてみて鳴りそうなポイントを探してみて下さい。
上の方にずらすと鳴る人が多いです。

人差し指はなるべく真っ直ぐに伸ばしましょう。
曲がっていると、その部分が浮いてしまい音が鳴らなくなる場合があります。
少しくらい曲がっていても音が鳴る場合もありますが、音が鳴らない人はチェックしてみて下さい。

中指を人差し指の上から添えるような感じで
押さえると、人差し指が安定します。
(写真2)

このコードを押さえるときのコツは
Fコードとがぶる部分も多いので
Fコードの記事も参考にして下さい。


『Fコードの押さえ方』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です