a-1

Aメジャーコードの押さえ方です。

Aコードは「A」「C♯」「E」の音で成り立っています。
(ラ、ド♯、ミです。)

※『♯』はシャープと読みます。
  シャープとは半音上がると言う意味です。
  ギターのフレットでいうと1フレット上がるという事です。

それでは、下の写真とコード表と音で確認して下さい。
コード表
ahyo
写真
a-1

このコードの押さえ方は、


         
  • 5弦(A音)→ 開放弦なので押さえません。
  • 4弦 2フレット(E音)→ 人差し指で押さえます。
  • 3弦 2フレット(A音)→ 中指で押さえます。
  • 2弦 2フレット(C♯音)→ 薬指で押さえます。
  • 1弦(E音)→ 開放弦なので押さえません。

または

  • 4弦 2フレット → 中指
  • 3弦 2フレット → 薬指
  • 2弦 2フレット → 小指

の3本で押さえる方法もあります。

このコードを押さえる時に注意する点は

1. 6弦が鳴らないように左手(コードを押さえてる手)
  の親指で軽く触れてミュートする。

2. それぞれの指をしっかり立てて隣の弦に
  触れないようにする。(特に薬指が1弦に触れないようにする。)

3. 人差し指の付け根の所が1弦に触れないように
  注意する。

です。

6弦のミュートが難しい場合は、
鳴らしてしまっても大丈夫です。
慣れてきたら、ミュート出来るように練習しましょう。

その他の、注意点については、
他のコードとかぶる部分が多いので
ここでは詳しく説明しません。

他のコードの記事も参考にして下さい。

歪んだ音色で弾く事が多いロックギターでは
1弦は鳴らさずに人差し指だけで4弦、3弦、2弦を押さえるフォームを
よく使います。
(写真参照)

a-2

※歪んだ音色とは、アンプまたは、オーバードライブやディストーション
などのエフェクターを使って作る音色でロックギターの代名詞的な
音色です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る