d

Dメジャーコードの押さえ方です。

Dコードは「D」「F♯」「A」の3つの音で成り立っています。
(レ、ファ♯、ラです。)

それでは、下のコード表と写真と音で確認して下さい。

コード表
dhyo

写真
d


押さえ方は、

  • 4弦(D音)  → 押さえない(開放弦を鳴らす)
  • 3弦2フレット(A音) → 人差し指で押さえる
  • 2弦3フレット(D音) → 薬指で押さえる
  • 1弦2フレット(F#音)→ 中指で押さえる

このコードを押さえる時に注意する点は

1. それぞれの指をしっかり立てて隣の弦に
  触れないようにする。

2. 6弦と5弦は左手(コードを押さえている手)
  の親指で弦に軽く触れてミュートする。

です。

指はしっかりと立てて押さえる

コードを押さえている指はしっかりと立てましょう。
特に、2弦を押さえている薬指は
1弦に触れると音が鳴らなくなってしまいます。
第一関節をしっかりと曲げて、指を立てるように意識してみて下さい。

6弦と5弦は左手の親指でミュートする

手が小さくて親指が5弦まで届かなかったり
6弦を押さえてしまって6弦の音が鳴ってしまったりする場合は
5弦の開放弦は弾いてしまっても問題ありません。

5弦の開放弦の「A」の音はDコードの構成音なので
(人差し指で押さえている3弦2フレットと同じ音です。)
鳴らしてしまっても大丈夫です。

5弦を鳴らした場合、少し力強いサウンドになります。

5弦も弾いた音

6弦のミュートも難しい場合は、
6弦にはピックを当てないようにしましょう。

1〜4弦にピックを当てるように意識してみて下さい。

慣れるまでは難しいかもしれませんが
意識して継続的に練習すれば
出来るようになるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る